読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a・cha・cha

育児する。

スポンサーリンク




簡単な10倍粥の作り方と私が市販の離乳食を勧める理由。

ベビちゃんママ

0歳赤ちゃんのママさん、毎日数回の離乳食作り、お疲れ様です。

 

歯が生えてきて、卒乳が近づいてくると栄養バランスも気になるし、本当毎日大変ですよね。

 

うちのおチビは 現在1歳半なんですが、離乳食を食べさせるようになって1ヶ月の頃、すり鉢でお粥をすり潰していると、『僕のマンマだ!!』と手を出すようになって、その反応やしぐさが可愛いいなぁって萌えってました(*^_^*)

 

家族が食べているものにもどんどん興味が出てきますよね。

 

生後4カ月健診の時に保健センターの方に教わった10倍粥の作り方がとても簡単で毎日実践していました。

 

このお粥の作り方は今や定番なのかな??

 

ちょっと紹介してみますね。

 

炊飯器で作る10倍粥の作り方

 

 

普通のご飯を炊く時に真ん中にグラスを差し込みます。洗ったお米から小さじ1杯分だけグラスに移し、50ccのお水を入れて普通炊きでスイッチオン。

 

 

 

これだけですね。

 

小さじ1が5gなので、水は10倍の50ccを入れる。これが10倍粥なので、離乳食が進み具合によって水の量を調節すれば7倍粥も5倍粥も作れます。

 

これなら炊き立てを食べれるし、本当に簡単。

 

赤ちゃんの面倒をみながら家族の食事の他に離乳食の準備もするんだから簡単にできるってことは重要です。

 

だけど毎食毎食、炊飯器で炊くんじゃ逆に面倒。

 

やっぱりお粥の作り置きも必要ですね。

 

やっぱりお粥の作り置き

 

私は1回のお粥作りでお茶碗に軽く2杯分くらいのご飯をお粥にしていました。

 

冷ましたお粥を製氷器で冷凍。

 

食べる時にはレンチンです。

 

100円ショップにちょっと大きいサイズの製氷器があったのでお粥用に買って使っていました。

 

完母だったからこそ

 

3人目ということもあってか、産後ありがたいことに母乳がよく出たので、入院中に数回ミルクをあげて以来、気が付けば母乳だけで育ててきていました。

 

授乳ケープを持って出かける為、外出時も母乳で済んでしまい、我が家には退院時に病院からもらった固形ミルクがいつまでもありました。

 

急な用事でダンナに預けて出かけた時に『ミルク全然飲まないんだけど!』ってSOSがあり、大急ぎで帰宅したことがありました。

 

完母だったのでミルクを飲まない子になってしまったのですね。

 

それがわかって、

おちおち風邪もひけない・・・頭痛持ちだし、生理が再開しても薬も飲めない・・・用事があっても誰かに預けて出かけることもできない・・・と緊張し、ちょっとした後悔もありました。

 

何も考えず、楽だからと母乳だけをあげてきたからなぁ。と・・・

 

(ダンナは嬉しそうでした。心の中ではきっと、「これで『預かって』と言われないな(^^)」ってホッしてたんでしょうね(-_-;)3人目でやっと良いパパしてくれてるダンナですが、1人で面倒みるのは不安なようです。)

 

そこで大事なのは離乳食。

 

しっかり進めていかなくていけません。

 

突然母乳が出なくなった!!・・・なんてことになっても離乳食がちゃんと進んでいれば安心できます。

 

ほっこりステキなプレゼント

 

出産間近の頃、長女からもらったプレゼントです。

 

私とおチビのために図書館に行き、離乳食のレシピノートを作ってくれていました。

 

 

 

10倍粥に始まり、数種類のレシピが細かく書いてあり、驚いたし『大変だっただろうなぁ』と感激しました。 本当に嬉しかったですね。

 

おチビが離乳食を食べるようになって、このノートを見ながら長女と一緒に離乳食を作ったりしました。

 

ずーっと妹か弟が欲しいって言ってた子だから、よく面倒をみてくれるし家事の手伝いも率先してやってくれるんです。(ありがとう(*^_^*))

 

市販の離乳食の勧め

 

出先でとか、帰宅が遅くて仕方なく市販の離乳食を食べさせる場合はあっても、必要もないのに市販の離乳食を食べさせるのは気が引ける・・・と罪悪感にかられるタイプの方いますよね。

 

特に1人目育児中のママはそういう方が多いのでは?と思います。

 

実は私も初めての育児の時は手が抜けないタイプで、「全部しっかりやらなくちゃ。」という義務感を持っていたので、市販の離乳食を買ったのは去年、おチビの離乳食が始まった時が初めてでした。

 

そんな私がなぜ市販の離乳食を食べることをオススメするかというと、

 

  1. 月齢に合った味付け・固さ・大きさがわかりやすい。
  2. 食べ始めてイイ材料もチェックできる。
  3. もちろん楽だから。

 

まだ使ったこと無いというママさん、毎日の離乳食作りの目安になるので、ぜひ堂々と買って味見してみてください。

 

お店にもよりますが1食100円前後で売っています。

 

私、初めて食べた時、『結構しっかり味付いてる!』ってビックリしたんです。

 

1人目・2人目が小さかった頃は育児ノイローゼでギリギリの状態が長かったので、3人目はそうならないように、たまには手も抜きながら。というつもりで買ってみた離乳食でした。

 

毎日同じ感じで準備していて、次の段階に進むのがうっかり遅れていたり、食べられるか不安でついつい柔らかく小さく・・・としてしまったり。。。しませんか?

 

(歯の生える時期もそれぞれだし、みんな進み方が違って良いものなので市販の離乳食を食べて普段食べてる離乳食よりだいぶ違ったとしてもショックを受けたりしないでくださいネ!)

 

ということで、便利だし楽だし目安にも参考にもなるよ?っていうことでオススメしてみました~。