読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a・cha・cha

育児する。

スポンサーリンク




子どものおこづかい。気になる相場、調べてみました。

お金の勉強の為として、小学校に入ったらお小遣いをあげ始める家庭は多いと思います。

 

「他の家庭ではどのくらいあげているんだろう?」って気になりませんか?

 

うちにも6年生と4年生の子がいるので、おこづかいの相場が気になっていました。

 

あげ過ぎたくないし、少な過ぎるのもかわいそう・・・ということで調べてみました。

 

1ヶ月1,000円はあげ過ぎ!?

 

うちは、小学校に入ったら1ヶ月1,000円ということで6年間ずーっと月1,000円のおこづかいをあげてきました。

 

私とダンナで話し合って決めた金額で、進級で増額することはありませんでした。

 

私的には『1年生に1,000円は多過ぎるよな・・・』からスタートし、6年生になった今は『周りの子はもっともらってるんだろうなぁ。』という微妙な感じ。

年齢に適した金額では無いのでは?という思いがいつもあり、我が家のルールの中でちょっと後悔する一つになっていました。

 

ところがつい先日、ママ友と話していたら、ふとおこづかいの話になり、お互いにどのくらいあげているか聞きあったのですが、

 

『6年生で1,000円は多くない!?』と驚かれ、周りの子はもっともらっているんだろうと思っていた私は衝撃を受けました。。。

 

1年生の頃にこの話題になっていたら、そのママ友は気絶しただろうな(^_^;)苦笑www

 

私もとにかくビックリ(>_<)

 

今さら減額はしませんが、中学生になるタイミングでのおこづかいアップはどうすれば良いかをよく考えなければいけない状況だなと・・・。

 

理想を考える

 

私の理想は、世間の平均よりちょこっと少ない程度が理想です。

 

あまりに少ないのはかわいそうだし、多い必要ないし、そんな余裕もないから。

 

「ちょっと我慢したり、やりくりすれば不自由しない」くらいが丁度良いと思っています。

 

例えば周りの子が¥800なら、うちは¥700とかその程度に。www

 

こんなにあったおこづかい事情

 

子供の担任の先生に今どきの子供たちのおこづかい事情について聞いてみたところ、先生が聞いたことある話と私が知っている話を合わせると、こんなにさまざまなケースがあることがわかりました。

  • 年齢×¥100。
  • 学年×¥100。
  • 周りよりは多めにあげる。
  • 仲の良いお友だちのおこづかいと同じにする。
  • お菓子以外は親が買うから月¥500あれば十分。
  • その日その日で使う分だけあげれば良い。
  • お手伝いする度に¥100。
  • 毎日雨戸を閉めたら月末に¥1,000。

 

考え方は各家庭いろいろありますね。

 

夫婦で話し合う

 

うちのダンナは長男が入学した時に、

 

「お母ちゃんの言う事をちゃんと聞いてしっかりやっていれば1日¥100おこづかいをあげる。」と言い出しました。

 

もう・・・(-"-)ビックリです。

 

つまりは小学1年生で月最高¥3,100のおこづかいになるわけです(+_+)ア.リ..エ...ナ....イ.....

 

小学1年生って、まだわりと言う事聞くんだから。

 

断固猛反対です<(`^´)>怒

 

私はというと、1年生で¥100、2年生で¥200、3年生で¥300・・・1年で¥100づつアップするのが良いと提案しました。

 

これは私がそう育ったから。

 

でも今は時代がちがうという話になり、たしかに自分の育ちを子供に押し付けるのは良くないと思ったので、私の提案も却下に。

 

結局は6年間、毎月1,000円ということにしました。(月¥3,100と月¥100の間をとった形。)

 

うちの場合はこの1,000円で、

  • 自分のおやつ
  • コミックレベルの欲しい物
  • 文房具(学校で必要な物は親)
  • イベント代(家族の誕生日プレゼント等)

をやりくりしてもらうことにしました。

 

意外と時代が変わっていなかった・・・

 

私が住む近所で情報を集めたところ、「4年生だから¥400」という考え方の家庭は結構多いようでした。

 

その考え方でいくと我が家の月¥1,000というのは、小学6年生になっても周りより月¥400も多いことに(-_-;)

 

長男に聞いたところ、6年生の仲の良い友達のおこづかい事情は

  • 月¥600=1人
  • 月¥1,000=2人
  • 月¥1,200=1人

だということでした。(真偽は定かではない・・・。減額の危険を察知して盛って話した可能性有り。笑)

 

だとしたら、月¥600円と月¥1,200では倍も違います。

この差は大きいですね。

 

いつからあげ始める?

 

各家庭の事情や考え方にもよっておこづかいをあげ始める時期や金額、あげ方はいろんなケースがあると思いますが、傾向としては小学校入学からという家庭が多いように思います。

 

入学後わりとすぐ授業でお金の勉強が始まるので入学したらお金を使ったり管理する勉強としてあげ始めるということですね。

 

幼稚園のうちからお手伝いの対価としておこづかいをあげている場合もあり、そのまま変わらずお手伝い制でという家庭もあるようです。

 

私の周りでも、幼稚園の頃からお手伝い1回¥10のおこづかいをあげているという家庭もあったし、娘のお友達は3年生からおこづかいをもらうようになったらしいんですけど、雨戸閉めを毎日やるのが条件で1ヶ月¥1,000もらっているんだとか。

給料感覚ですね。

 

お手伝いに対しておこづかいをあげるのは良いこと?

 

「お手伝いにおこづかいが発生すると、お金目的のお手伝いしかしなくなる。」という話をよく聞きます。

実際に、お手伝いに対しておこづかいをあげていると、お手伝いを頼んだ時に子どもが「いくらくれるの?」と聞いてくるようになるというのはよくある話です。

 

しかし、「働いてこそお金をもらう資格がある。」というのもその通り。

子どもが反抗期の時なんか、「何も手伝わないですぐ文句ばっかり言うくせにおこづかいはちゃっかりもらうんだから。(-"-)」と思ったこと数回・・・。笑

  • 「働かざる者食うべからず。」
  • 無償でやってこそお手伝い。

というのが私の考え。

 

だから私は生意気な態度に頭にくると、給食の箸セットは洗ってあげないし、洗濯物はたたまず部屋にドサッと置いておくし、食事はよそってあげないし・・・全部自分でどうぞと。

『どれだけ身の回りのことをやってもらってるか考えろ』と言わんばかりにアピールしています。

納得のいく謝り方があるまでずーっと、フンっ( ¯ ¨̯ ¯ )!!って感じ。www

 

おっと、話が逸れてしまいました(^_^;)

 

そもそも、我が家では幼稚園の頃から上履きは自分で洗ってもらっていたり、たたんだ洗濯物をしまうのはそれぞれの仕事だったり、自分でできることは自分でやって当然で、「お手伝い」ではありません。

 

食事の支度・片付けや雨戸の開け閉め、など誰かがやること、家族の為にやることは「お手伝い」ですが、やっぱりやって当然だと思う。

 

親も子もなく、家族の一員としてフォローしあって仲良く暮らしていこう!!と強く思うわけです。 

 

雨戸の開け閉めにしたって私がやっちゃうことの方が多いから、たまに頼んで断られたらただただムカつくっ。(笑)

 

家族で助け合うことにおこづかいが発生するのはちがうかなと思います。

 

「仕事をしてお給料をもらう」という大人社会のルールを子どもに適応するとしたら、子どもにとっての「仕事」は、学校に通ってさまざまな勉強すること。

 

(国語や算数の点数が良いことという意味じゃないよ?)

 

毎日学校に通って態度良く授業を受けて人にもまれて帰宅し、宿題や明日の準備をするというのは、大人が毎日会社に出勤して仕事をしているのと同じことだと思います。

 

単純にお金に不慣れな子どもの金銭感覚を養うという勉強目的で毎月おこづかいをあげるのも、立派な理由の一つだと思います。

 

年齢別おこづかいの相場

 

いくらからスタートするのかというのは各家庭、悩むところですよね。

 

一般的な相場や、周辺の相場知って参考にしたいところです。

 

今回紹介する金額は※アンケート調査を実施したわけではなく、さまざまなサイトを見て調べた結果、多かった金額です。

 

≪小学生の場合≫

  • 年齢×¥100
  • 学年×¥100

 

やはりこの2パターンでの考え方が多いようです。

ですが、¥100スタートと¥600スタートではその差の大きさがやはり気になります。

¥600スタートの家庭の場合、おこづかいの中から「お菓子を買う」、「文房具を買う」などといったルールがあったり、逆に¥100スタートの家庭の場合はお菓子や文房具などの出費は全て親が持つなど、金額に対してルールを作って工夫しているようです。

 

≪中学生の場合≫

  • 年齢×¥100
  • 学年×¥1,000

特に、学年×¥1,000という家庭が多いようでした。

年齢×¥100と学年×¥1,000では中学3年生の時の差が倍。

それだけの大きな差があると、年齢×100というのはかわいそうな気がしてしまうのですが、中学生になると部活動があり、買い物や遊ぶ時間がなく、毎月のおこづかいのほとんどが自然と貯金にまわってしまう子もいますし、部活動にかかる出費もあるため、家計事情も関係して多くはあげられないという切実な問題もあるようです。

 

≪高校生の場合≫

  • アルバイトをしているのであげていない
  • ¥3,000〜¥5,000
  • ¥5,000〜¥7,000

 

高校生になると自分でアルバイトをして稼いでいる子もいれば、おこづかいもらっている場合でも金額が多いと¥10,000という家庭もあり、まさにピンキリ状態です。

 

私は高校生1年生になった時に、おこづかいがもっとほしかったので「アルバイトをさせてほしい」と両親にお願いしました。断られたくなかったので、お給料の半分を家に入れると提案して。(良い子でしょwww)

 

コンビニやファミレスなどでアルバイトをしていて、1ヶ月のお給料は¥60,000くらいでしたから、自分のおこづかいは¥30,000くらいでした。 

 

トラブルから子どもを守ろう 

 

親になって心配に思うのは、子どもが高額を持って歩くのはトラブルを招きかねないということ。

 

これは小学生でも高校生でも同じことです。

 

おこづかいの金額については各家庭で決めるものではありますが、相場を基準とした金額を設定することがトラブルから子どもを守るためにも大切なのではないでしょうか。

 

また、おこづかいをあげる際に、使い方やルールについても子どもと話し合って決めておくことが大切です。

 

我が家の場合、

  • 勝手にゲームソフトなどの高額な買い物をしない。
  • 遊びにお金を持ち歩かない。
  • 財布に¥500以上入れない(残りは貯金箱にしまっておく)

 

というルールを作っています。

 

子どもが安全におこづかいの運用ができるよう年齢に合わせたルール作りをしましょう。